どのような講演・研修・コンサルティングを提供できるのか?

「リスクマネジメント・危機管理広報・コンプライアンス・内部統制」などに関するどのような講演やワークショップでも対応します。(英語での対応も可)

テーマは、例えば:

コンプライアンス研修 ~不正・不祥事の発生を予防する
セクハラを予防するリスクマネジメント研修

地方公共団体における内部統制

製造業におけるリスクマネジメント制度構築

安心志向社会における事業・店舗の危機管理

ソーシアルメディアの光と影 ~個人利用のリスクマネジメント

安全対策策定プロジェクト:コーディネータ

リスクマネジメントとは?:講演またはワークショップ

食品企業におけるコンプライアンス研修

ERMは、百年に一度の経済危機を生き延びられるか?

『不確実な時代』のリスク

​​

低い成長の下でも、或いは現在言われている『低欲望社会』においても画期的な商品、新しい概念、より好まれるサービスを提供している企業が生まれてきているし、画期的な製品を出しつづける企業は景気の良しあしに拘わらず業績を伸ばしています。

 リスクをとり『新しい価値を創り出す』ことにより、生き残ることができるのです。

『危機管理広報』の備え

 

企業や組織に問題や危機が訪れた時に、社会への対応を間違えると組織の存続さえも失うリスクが生じます。

『危機の時に如何に誠実に対応できるか』が企業のレピュテーションを高めます。

 

『コンプライアンス/内部統制』

​​

リスクに対応するためには、まず消費者の潜在意識に耳を傾け、社会の求めることを理解し、その変化を予測することが必要です。それこそが企業や組織のコンプライアンスやリスクマネジメントの基礎となります。

アクセス

〒669-1547 兵庫県三田市富士が丘

 

連絡先:grc300アットマークhyogo.zaq.jp

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2016~19 GRC研究所 鈴木英夫
デザイン:Wix.com

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now